熊本市中央区に建つ家-狭所変形敷地に建つコートハウスとスキップフロアが融合した家-機能とデザインを融合した江津の住処

岩瀬隆広建築設計のロゴ
トップページ コンセプトのアイコン 作品事例のアイコン プロフィールのアイコン 業務の流れのアイコン アクセスのアイコン   連絡のアイコン
Work④の表示
江津の住処(えづのすみか)(別名:Shipな家)   第17回くまもとアートポリス推進賞選奨受賞
場  所:    熊本市

用  途:    戸建住宅

構  造:    木造

敷地面積:    36.7坪

建築面積:    73.98㎡(約22.45 坪)

延床面積:    100.74㎡(約30.54坪)

竣  工:    2011年 7月

本体工事費:   2000万円台






~◇~◆~◇~◆~◇~◆~◇~◆~

オンラインマガジン「homify掲載





最初に見た敷地の感想は、厳しいなぁと思いながらも、
周辺環境を観察する中でワクワク感がどんどんこみ上げてくるのを記憶しております。

厳しいなぁと思った敷地条件は、住宅密集地の中にあり、35坪で南北に細長い先細りする三角形の土地です。

その両側には、流れの分岐点であるかのように道路と水路が接しており、中州の先端のような土地でした。

ところがワクワクした周辺環境は、住宅密集地で閉塞感がある地域でありながら、
三角形の先端は、道路の延長上の南方向で、光・風・視線の抜けが常に確保できていました。

又道路に沿って北側方向には、県を代表する江津湖があり、
周辺住宅の屋根を超えた先にはその開けた眺望が期待できるなど、
豊かな住空間をつくれる可能性を秘めた土地でもあることが分かりました。

そこから家つくりがスタートした中で
お客様と一緒に様々な問題を解決し
お客様の本当に求めるすまい空間のストーリーを想像しながら創ってまいりました。

そんな敷地に建つ家は、
その土地が持つ光・風・視線・敷地形状・周辺環境の流れに逆らわない住まい空間づくりから始まりました。

そして、お客様の要望された住空間を融合させていくことで完成した家が、この江津の住処です。

カテゴリー
北側外観
東側外観
南側外観
東側外観(夜)
門1(閉)
門2(開)
コートー1
コートー2
コートー3
階段
黒の部屋1(趣味室)
黒の部屋2(趣味室)
廊下
白の部屋1(趣味室)
白の部屋2(趣味室)
浴室
居間1
居間2
畳の間
キッチン
物見台1
物見台2
熊本の江津の家の北側外観

北側外観   戻る
熊本の江津の家の東側外観

東側外観    戻る
熊本の江津の家の南側外観

南側外観     戻る 
熊本の江津の家の東側外観夜

東側外観(夜)  戻る
熊本市の江津の家の門1

門1(閉) 戻る
熊本市の江津の家の門2 門2(開) 戻る
熊本の江津の家のコート1

コートー1    戻る
熊本の江津の家のコートー2

コートー2    戻る
熊本市の江津の家のコート3

コートー3    戻る
熊本の江津の家の階段

階 段    戻る
熊本市の江津の家の黒の部屋1

黒の部屋1(趣味室)    戻る
熊本市の江津の家の黒の部屋2

黒の部屋2(趣味室)    戻る
熊本の江津の家の廊下

廊 下    戻る
熊本の江津の家の白の部屋

白の部屋1(趣味室)   戻る
熊本市の江津の家の白の部屋2

白の部屋2(趣味室)   戻る
熊本の江津の家の浴室

浴 室     戻る
熊本の江津の家のリビング

居 間 1     戻る
熊本市の江津の家の居間2

居 間 2     戻る
熊本の江津の家の畳の間

畳の間     戻る
熊本の江津の家のキッチン

キッチン    戻る
熊本市の江津の家の物見台1

物見台1     戻る
熊本市の江津の家の物見台2

物見台2     戻る
      
↑戻る
岩瀬隆広建築設計のロゴサブ

 〒862-0911 熊本市東区健軍1-13-1-201 tel:096-360-4316  e-mail:gannse@nifty.com 営業時間 9:00~18:00 休日 日 祝日 年末年始
copyright©2015  TAKAHIRO IWASE AECHITECTS all rights reserved